2019年10月28日

絶体絶命?!

今日の白組の通しは最悪の出来でした(-_-;)(-_-;)(-_-;)

操先生のダメ出しでが〜んと胸に堪えたのが、

「チーム力がない」
「自分の役割だけを演じている感じで、人のミスは私の関係ない箇所」
って雰囲気があると言われたこと?!

これは私が一番大事にしてきたチーム力を作る、

みんなで一つのものを創り上げている意識を持つことが大事って言ったきた真逆じゃない?!(-_-;)

こんなはずじゃないのに、どうしてこうなったのか?!

自分で自分が情けない(-_-;)

自分でも1回も自分の役柄に、芝居に、集中できたことがない(-_-;)

「あの人はちゃんとセリフを言うだろうか?」

「あの人はあの立ち位置を今度こそやってくれるだろうか?」

などなど、回りのことが気になって芝居に集中できていない自分は芝居も結果ボロボロになって

だれも助けられてもいないし、自分の出来も最悪だ・・・(-_-;)

みんなの体力もぎりぎりのところでやっていて、風邪で万全でない団員も何人かいるなかで、

私は自分を見失っている・・自分のなすべきことがわからなくなってしまっている・・

どうすれば良いのだろう?!(-_-;)

水曜日の稽古が最後でホール入り。

絶体絶命のピンチ!

断崖絶壁じゃないか!?

これでも本番がやってくる残酷な現実!(-_-;)

20191028_115526.jpg

20191028_150056.jpg

20191028_150109.jpg

操先生の指摘どおり、それぞれが台本に忠実に立ち返って復習をキチンとやってくる。

それが残された唯一の前進できる道のような気がする。

まず自分に集中すること。









posted by すずしろ at 20:15| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: