2020年04月21日

すずしろロス25日目

期待をしていなかったからか?!

大河ドラマ「麒麟がくる」が面白い!

どうして面白いのかという私なりの分析やけど・・

歴史上の有名な人物たちが、歴史に名を残す以前の人物像、

即ち、名を成す前の青春群像の物語になっているからと思う。

その超有名な歴史上の人物たちの行く末を知ってしまっている観る側の楽しめ方が

今回の「麒麟がくる」のドラマの作り方にはあると思う。

女性達の立膝の座り方も珍しい!?(この時代そうだったんだろうか?)

制作サイドの挑戦的な姿勢に感心すると同時に、

それが成功していないのではと思うこともある。

明智光秀の長谷川博己は文句なしに良い!

信長の染谷将太は、私の目からは成功しているとは思えない、今のところ(-_-;)
これまでのイメージをがらりと変えようとする制作サイドの意欲は良いけど、
あのぽっちゃりした丸い顔がどうもピンとこない(-_-;)

帰蝶はやっぱり沢尻エリカで観たかった!!
もっともっと存在感のある濃姫になったと残念(-_-;)

光秀の母親役の石川さゆりの起用は、ちょっとやめてんか(-_-;)て感じ。
「天城越え」を熱唱する粘っこい姿が重なって違和感半端ない(-_-;)

斎藤道三の本木雅弘も「考えすぎのやりすぎのわざとらしさ」で
みてるのがシンドイ(-_-;)
「シコふんじゃった」や「おくりびと」の自然ならしさはどこいったんだ?!

秀吉役で前回から佐々木蔵之介が登場してきた。
年齢はちょっと苦しいとこやけど、ええ感じ。

な〜んて・・観る側の好き勝手な言いたい放題(笑)

でも今のところは面白いから楽しみに観ている。

朝ドラも大河も撮影が中断してるらしいから、途中からは

再放送になるのかしらん?!(-_-;)

20200421_135934.jpg




posted by すずしろ at 16:02| Comment(0) | 団員の「今日の一言」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: