2021年03月06日

すずしろ稽古報告

三寒四温のこの頃ですね。

稽古日に大雨の日が続いているような・・・(-_-;)

珍しく欠席者が4名もいた。

けど、病欠だった沼ッチが復帰した!(よかったよかった!)

1614933395603.jpg

まずは全体ミーティング、まだまだ形になっていないある企画について。

1614933393243.jpg


今日は部屋を分かれて、日本語チーム

1614933400365.jpg

英語チームで、それぞれの稽古を少しづつ進めています。

1614933397840.jpg

今回は8月公演まで、まだまだ余裕があるので、

操先生の丁寧で細かな指導が続いています。

「なぜ、そこで、そのひとは、そのセリフを言うか」のサブテキストがきちんと考えていないと

なんとなくとか、ざくっとした演技にはいちいちダメ出しがでる。

そして、操先生は答えを言わない。

その役のひとが「その場所」にたどり着くまで、本人からの答えを辛抱強く待ちます。

自分の役が決まったら、それを考えることが役つくりの楽しみなのに・・・

比較的余裕のある今回などは、本当は役者としての力をつけるビッグチャンスなんだよ〜〜!(笑)













posted by すずしろ at 17:03| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

すずしろ稽古報告

昨日は寒かった(ブルブル)(-_-;)

グリーンホールのホワイエは天井も高く広々としてドアも開放しているので、

リスクは格段少ないのですが、寒い寒い(-_-;)(-_-;)

自分がその場面にでていないときは、座って稽古を見ているだけなので

身体の芯から冷える(-_-;)

年寄りにはよ〜ないなぁ・・・(-_-;)

稽古帰りのお茶会や飲み会も行けないので、なんとなく不消化で終わる・・(-_-;)

マスクを外して大声で笑い合える日はいつ来るんだろう?!(-_-;)

まだまだ水面下で発表できないこともありますが、

今のところあの企画もこの企画も順調に進んでいますとだけご報告しておきましょう(笑)

今日は操先生のお稽古は日本語チームでした。

DSC_0689.JPG

冒頭から丁寧な操先生のダメ出しが続きますが、

今の段階では、細かいダメ出しというよりは、その役がなぜ?そこで?そのセリフを言うか?

役者がそれを正しく理解しているかどうか、間違った解釈をしているときは、本人から答えを導き出すのが

操先生の指導方針なので、時間がかかる。

DSC_0691.JPG

私から見たらそれは凄く贅沢な時間で、役つくりの基本を教わっているのだけれど、

それが身に着けば、「セリフの言い方」の問題で悩むことはないのだけど、

全員がそれに必死に喰らいついていくわけではない・・もったいないなあって見ていて思う。

でもほとんどの団員達は必死に操先生の言葉を理解しようとしている♬

指導者と演技者の対峙!

それは演劇の醍醐味なのだ。

それを見ているのが好きだ♬

英語チームは別の場所で読み合わせ。

キャストが決まって、初めてのリーディング。

1614337380693.jpg

地味な努力と自分でモチベーションを保つ精神力がしばらく続く。

マスクをしながらでも、お花見(ただ見るだけ)に今年は行きたいなあ〜!





posted by すずしろ at 10:55| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

全員集合!

今日から日本語チームも英語チームも毎週稽古をすることになり、

ソーシャルディスタンスを取りながらも、笑顔を交わしたり、ちょっとした言葉を交わせるだけで

なんとなく仕合せな気分になる♬

NYで女優活動をなさっている大野さんが帰国中とかで、

ひょっこり稽古場に顔をだしてくださり、NYのコロナもやっと

峠を越えた感があるようで、最近のNY状況など聞きました。

1613728052949.jpg

今日の稽古で、英語チームのキャストも決まりました!

手持ちの駒が決まっているので(-_-;)、操先生はいつもパズルのピースをはめ込むようにバランスを考えながら

決めていくので、「その役ではその人にはもったいない」とか「その役そのひとで大丈夫だろうか」とか

あるのですが、団員全員が出演するというすずしろのルールからするとぴったりの配役にならなくても仕方ない。

でも不思議なもので稽古を重ねるにつけて、このキャスト以外ないなぁ〜という風になる演劇の不思議?!操マジック?!

なにはともあれ、あとは「ネコまっしぐら〜!」ならぬ「本番へまっしぐら〜!」です。(笑)

1613728061555.jpg

日本語チームは別の場所で読み合わせ。

1613728055440.jpg

久しぶりに全員でのミーティングをしましたが、水鳥が優雅に泳いでいるようにみえて、実は水面下ではたえず忙しく足を動かせて

いるようなすずしろの状況で、あの問題この問題と自主グループの自主運営って、結構忙しいんですよ(-_-;)(笑)

「自分たちの劇団」なので「自分たちで決める」ルールです。

では皆々様方も、健康にはくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいませね♬





posted by すずしろ at 10:11| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

英語チームは?

昨日は英語チームの稽古でした。

日本語チーム、英語チームの交互の2週間に1回のペースは一応終わりです。

「2週間に1回なんて寂しくて死んでまう?!」(-_-;)(笑)

「このペースでは8月公演の仕上がりが間に合わない?!」(-_-;)(笑)

と「すずしろ」が生き甲斐の団員達の結論です。

コロナ禍に慣れることなく、マスク、消毒、換気、部屋を分ける等の対策で

稽古は続けます。

DSC_0680.JPG

英語チームはまだキャストは決まりませんが、来週には決めたいと思っていると操先生の言葉。

DSC_0674.JPG

長年の付き合いで今日のオーディションを見ていると、大体のキャストの予想はつく(笑)

「そ〜考えているのね。」(笑)

DSC_0675.JPG

2重マスクの効果が謳われだしたら、すずしろも2重マスクをしている団員が何人もいる。

新しい情報をすばやくキャッチして、すこしでもリスクを減らす努力をして活動を続ける。

油断大敵!

マスクを外して大笑いできる日が一日も早くくることを願う!

さあ! 来週は全員が集まる。 溜まっている案件のミーティンがに時間がかかりそうだ(-_-;)



posted by すずしろ at 10:07| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

キャスト決定!

「一月往ぬる二月逃げる三月去る」とはよく言ったもので、

コロナ、コロナ、で落ち着かぬまま、はや2月です!(-_-;)(シンジラレナ〜イ)

今日は日本語チームの稽古日でしたが、用事もあって参加しました。

DSC_0652.JPG

4場と5場でじっくりオーディションした結果・・

CENTER_0001_BURST20210205153505862_COVER.JPG

はや、キャストが決まりました?!(-_-;)

1612520998128.jpg

もちろん日本語チームだからできたことですね(-_-;)

DSC_0653.JPG

オーディションを観ていて、納得のキャスティングでしたね。

演劇はある意味理不尽なものですよね・・・

主役がいて脇役がいての世界なので、希望する役に決まらなかったらがっがりすると思うし、

面白い役にあたるとやりがいもある・・

団員の立場は同じなので・・でもキャストが決まったからには、

次はお芝居の仕上がりをよくする努力が全員に求められる!!

個人的には山下さんの桂を楽しみにしとこ!!(え〜味だしとる!)












posted by すずしろ at 19:58| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

今日は英語チームの稽古!

2週間に1回しか回ってこない稽古日の参加(-_-;)

すずしろの稽古を少しでも安全に活動を続けるためにみんなで決めたことですが・・

実は寂しい・・(-_-;)(笑)

稽古大好き団員の集まりである「すずしろ」の稽古が、

自分が参加できるのは2週間に1回だなんて!!(-_-;)

国民全員が辛抱している時期ですので仕方ないですね(-_-;)

稽古を続けられていることだけでも感謝しないといけませんね。

今日の稽古のプランを練る操先生?!

HORIZON_0001_BURST20210129141745367_COVER.JPG

だだっ広いホワイエでドアは解放したまんま(-_-;)

昨日は強風でほんとに震え上がりました(-_-;)(笑)

DSC_0647.JPG

それでもルール(換気、消毒、マスク)は守ります!!(笑)

youtubeで新年の活動のご挨拶の動画取りました。

しばらくしたらアップされますので、またご覧くださいね♬

DSC_0646.JPG

最初からいきなり台本もっての立ち稽古?!(-_-;)

勿論フル英語バージョンですので、英語で(-_-;)(-_-;)

操せんせ〜え、無理で〜す!?(笑)

途中からリーディングに変更で稽古終えましたが、

団員達も2週間前から台本を渡されているのですから、

もっと台本自体を読み込む練習をしてくるべきと思います。

キャストが決まったら自分のセリフだけはちゃんと練習しようという魂胆みえみえですが、

作品全体の理解やどのセリフも読めることぐらいは準備してきてほしい。

自粛で時間はみんな沢山あると思う。

何度も上演している作品で、NYでも半分は英語で上演した作品です。

だから、今回はそのすべてを超えるクオリティを目指すしか目標にはならないと思う。

ぜひみんなで積極的に楽しみたい!

楽しむためには地道な努力もねえ・・・。

コロナ禍で予定を立ててもすんなりと行くかどうかも分からないこの時期だから、

逆にコツコツと努力を積み重ねて花を咲かせたい!

8月に新ホールで公演する劇団「すずしろ」を皆様もどうぞ応援してくださいね♬

新ホール公演情報は形になり次第ご報告していきます。



posted by すずしろ at 12:42| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

入団希望見学者!

今日は先週決めたルールどおり、緊急事態宣言の期間中は

日本語チーム、英語チームのニ班が交互に稽古をすることとなり、

今日は日本語チームの稽古日で、私は参加ではなかったのですが、

実はHPに見学希望をされた方が見学にくることとなり、

電話で対応した私もご挨拶にと稽古に行きました。

「入団希望の見学者?!」

(この時期に来る人あるん?!)・・(世間の声)(笑)

(そりゃ、この時期に稽古している劇団もあるんやから)・・(笑)

現在は団員数は一杯なのですが、男性団員が7名で2名が病欠という現状・・

HPにも「男性団員のみ募集中」と書いています。

そ〜お〜〜お〜なんですぅ〜!

待望の男性の見学者だったので、ちょっと不安ちょっと期待で出かけました(笑)

劇団「すずしろ」は入団しても良いかどうかを私達が決めるのではなくて、

一日すずしろの稽古に参加して、この劇団に入りたいかどうかを相手に決めてもらいます。

勿論、「すずしろ」のルールを了承してもらってからですが。

まず、アップ(運動と発声)もご一緒に♬

半分の人数なのでソーシャルディスタンスも完璧やね。

DSC_0631.JPG

それから、ミーティング。

今日はHP更新についてと懸賞金付き脚本募集の是非について

1611303507077.jpg

そして、早速、稽古です!

DSC_0633.JPG

見学者も挑戦!

1611303515783.jpg

そ・し・て!

見学者は入団をこの日に決め、来週からくることになりました!

あ〜〜男性団員がひとり増えました〜♬(やれやれ)

名前は「りょうちゃん」に決まりました!(笑)

そ・し・て! 

な、なんと! 

りょうちゃんは60歳です!!

♬ a youngest man in Suzushiro company ♬





やべちゃんも病気を克服して今日復帰しました!

1611303519026.jpg

2月からはあと2名の男性団員と元団員の参加も決まりました!

なんとか8月公演にむけてキャストはダブルで出来そうです♬

コロナ禍の状況は極めて厳しく余談を許しませんが、

コロナ禍で些細な楽しみを手放した高齢者が自粛中の生活の中でどんどん弱っていると聞くと

状況を見極めつつも進む道を選んだすずしろは頑張らなければとひしひしと思うのです。




posted by すずしろ at 10:56| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

すずしろ稽古はじめ!

波乱の幕開けとなりましたが、皆様ご無事でお過ごしでいらっしゃいますか?

今年は「すずしろ」はどうなってんねん?!

とご心配いただいていたむきもあろうかと思います。

今年は15日から稽古始めと年末の総会で決めていたのですが、

緊急事態宣言を受けて、緊急の連絡網を回したところ、

23対0で今日の集まりは決まりました(ひぇ〜!)(笑)

問題が発生したら全員で議論して決めるというのが「すずしろ」のポリシーです。

1610699251755.jpg

自分の考えを全員に発言してもらい、じっくりと議論しました。

「緊急事態宣言の間は稽古は自粛したほうが良いのではないか」が約半数弱

「すずしろの稽古のために普段は十分気を配って生活している。1週間に1回の

稽古は続けたい」が約半数強

悩ましいでしょ(-_-;)(笑)

「Zoomで稽古する」「来たいひとだけで当分稽古する」「自粛したいひとは自粛する」などなど、

検討に検討を重ねて、半分の人数に減らして2組が交代で稽古する案に決まりました!(-_-;)(笑)

今年はすずしろは8月に公演予定です。

早速2組にわけて、残りの時間は稽古です!!(はやっ!)

1610699260772.jpg

慎重に安全面に気を配りながらも、コロナ禍で少しでも豊かな元気な時間を持つためにも

誰にでも「その場所」はより必要だと思います。

1610699258800.jpg

リスクもあるので、これを「勇気」とは言いませんが、

あゆみを止めないことをすずしろは選びました。

全員で考えた結論ですので、どのような結果になろうと後悔はありません。

年齢に不足のない集まりですので、今後も状況を見極め柔軟に対応して活動していきたいと思います。


私自身は困難に直面したときは、

自分の前に2本の道に出会ったときは、

より難しい方を選ぶという生き様をよしとしています。








posted by すずしろ at 20:47| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

「扉をあけて」写真上がってきました。

憂鬱ですね・・・(-_-;)

コロナ陽性者数・・やばい状況ですね・・(-_-;)

今年は15日からすずしろ稽古始めと決めたのですが・・

11日までの外出自粛要請も延長される可能性ありますしね・・

今年も悩ましい状況判断を強いられそうですね・・(-_-;)

そんなに皆さん、出歩いて、飲食しているのでしょうか?!

11日以降の状況で15日からの稽古始めてもできるかどうか・・

心は鬱ですが、

クリスマス配信公演の写真でも見ながら気晴らしいたしましょうか(笑)

今回は普段の稽古部屋に操先生陣頭指揮のもと、舞台を作り、音響、照明も

紅組白組の出演していない団員たちで担当するので、

配信公演って機材の回線で現場はごちゃごちゃです(笑)

P1680043.JPG

P1680052.JPG

P1680066.JPG

整いました!

P1690179.JPG

出演しない組は後ろで見守ります。


P1690184.JPG

操先生がすずしろにいてくれはって良かったわ〜!

高齢者しかいないシニア劇団には出来ないことやろな・・(-_-;)

午後1時から紅組の本番です!

P1680604.JPG

P1680707.JPG

P1680696.JPG

P1690306.JPG

P1680920.JPG

P1680956.JPG

P1690118.JPG

P1690132.JPG

P1690161.JPG

午後3時からは白組です!

P1690759.JPG

P1680509.JPG

P1690818.JPG

P1680196.JPG


P1680236.JPG

P1700080.JPG

P1680391.JPG

P1700252.JPG

P1680580.JPG

コロナ陽性者数を限りなくゼロに近づける努力を個人単位で頑張るしかないですね(-_-;)

安心して外出もできる日の為に!



posted by すずしろ at 12:58| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

一年の締めくくり総会

毎年最後の稽古日は総会と決まっています。

1608943776214.jpg

本番から1週間ですが、長期欠席者以外は全員出席です!(えら〜い)

1608943780490.jpg

議事進行は、一年間総務を担当した亀ちゃん。

ご苦労さまでした!

1608943817419.jpg

書記は2名担当で、ひとり2年間努めます。

2年担当してくれたヨッシーは今年でお役ご免、秀子さんはあと1年ですね。

お疲れ様です!

1608943798403.jpg

会計担当は病気で急遽休団となったピンチヒッターで糀さんが快く引き受けてくれました。

去年の会計担当だったので、仕事はスムースにいきました♬

ありがとう(^^♪

1608943819556.jpg

操先生も一年間本当にありがとうございました!

操先生がいなかったら、ライブ配信などに挑戦するすべはありませんでした。

1608943757961.jpg

コロナ禍になってからの、ライブ配信公演9月の「HAGOROMO」と12月の「扉をあけて」は

応援してくださるかたから

「コロナ時代の波にすぐ乗るすずしろの柔軟さは本当に素晴らしい!」とお褒めいただきましたが、

すべて操先生のお陰です!(笑)

その他にもHP担当、ラジオ番組担当、利用者協議会担当、等々、「すずしろ」は団員達ができるだけ、

仕事を分担して運営に関わる仕組みが出来ています。

1608955534513.jpg

1608955548508.jpg

1608955542860.jpg

1608955545652.jpg

何も担当していない団員でも、すずしろの運営には自分事としてみんなで考える習慣が身についています。

1608943834477.jpg

古きも新しきも思いは同じのはず

1608943802259.jpg


1608943848010.jpg

1608943790465.jpg

コロナ禍で先の企画も立てにくい現状ですが、

やりたいことはあれもこれも色々あります♬

どれが実現できるのかワクワクの未来を、この不安の時代に持ててることの幸せを感謝したい♬

みんなで来年も状況に柔軟に対応しながら活動を続けます!

一年間お疲れ様でした〜!!




posted by すずしろ at 13:30| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

無事終わりました!!

P1690699.JPG

劇団「すずしろ」クリスマス配信公演「扉をあけて」無事終わりました!

本番をご視聴くださった皆様、本当にありがとうございました!

自粛が叫ばれるなかの公演実施は本当にびくびくでした(-_-;)

リスクがゼロでない演劇活動は、「自分が楽しい思いをしたい」だけでなく、

きちんとした考えが団員達全員にあって向かうフォーカスが同じでないと

成し遂げられるものではありません。

自分達の励みであると同時に、こういうご時世の誰かの励みにもなるかもしれないという思いも

しっかりと胸にとどめて取り組むことが大事だとあらためて感じました。

ライブ配信の視聴数も9月の「葉ごろも」の時よりも増えてますし、

アーカイブの再生回数も順調に伸びているようです。

「葉ごろも」動画配信の反省をふまえて、カメラなど機材も新しくした結果、画面はとてもきれいで

3台のカメラの切り替えなどゴージャスだったとの声が多いですが、

声が小さくてセリフが聞き取れない問題が今回はあったようです。

役者だけでの問題ではなくて、マイクの数や配置の問題もあるようで、

1回目の紅組のあと、マイクの仕込む位置などを変えた2回目の白組の方が声は聴き取り易いようです。

再生回数は紅組のほうが多いのですが、白組の方がもしかしたら見やすいのかもしれません。

まだまだライブ配信は試行錯誤中ですので、次の課題として持ち越したいと思います。

え〜?!まだライブ配信でいくの〜?!

と声が聴こえてきそうですが(-_-;)(笑)

私達も劇場で生のお客様に舞台をご披露できる日が早くくることを一番望んでいます!

それもこれもコロナ禍がある程度終息をみせないと、観客を巻き込むリスクにまだ決心がつきません。

舞台の写真が上がってきましたら、またご報告いたします♬

取り急ぎご報告とお礼を込めて!!

P1700320.JPG

P1700314.JPG



posted by すずしろ at 10:37| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

仕込み終わりました!

今日は夜6時から、舞台の仕込みでした。

操先生と参加できる団員達が集まりました。

私は参加出来ませんでしたが、夜遅くまでご苦労様でした♬

1608207386709.jpg

すべて操先生の頭の中のとおりの指示で動きます。

1608207338406.jpg

音響担当の団員も必死です(-_-;)

1608207342702.jpg

いつものことですが、裏も表も団員達で回すのが、すずしろ方式です。

1608207372696.jpg

寒い中、みんな頑張ってくれました。

1608203079475.jpg

そして仕込み完了!

1608207325184.jpg

これまでのみんなの努力が、どうかどうか無事に実りますように!

良い舞台ができますよう!!

明日のこの為に頑張ったみんなの努力が報われますように!!!

YouTube「すずしろちゃんねる」!

どうぞご視聴よろしくお願いいたします♬



posted by すずしろ at 21:56| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

最後の稽古!

やっぱりライブ配信でのお芝居といつものホールでのお芝居の違いに戸惑う(-_-;)

前回の「HAGOROMO」はホールでの無観客公演をいろんないきさつで結果として

ライブ配信をしたという流れがあり、劇場でのソーシャルディスタンス演劇には挑んだけど、

動画で配信するからといって、演じる私達は普段の舞台のお芝居をすれば良かった。

しか〜し!

普段の稽古場に使っている市民会館の一室に仕込んで、

ライブ配信用の芝居の作り方、演じ方は稽古を重ねるごとに、その違いに戸惑う。

観てくださる方は、画面を通じてみるので、やっぱり平面的にみえてしまうので、

演じ方もよりリアルだけど、熱量はやっぱりしっかりないと、平板な芝居のまま終わって

面白さは伝わらない?!(-_-;)

照明や音響や舞台セットにどれだけ助けられてお芝居をしてきたかを痛感する(-_-;)

昨日が最後の稽古日だったけど、課題は沢山残った。

それぞれが18日本番までに個人の課題をクリアして、チームとしてのお芝居を披露しないといけない。

仲間を信じて、金曜日までに自分のやるべきことをやろう!

それしかない(-_-;)(笑)

無対象で窓をあける淑ちゃんを真剣に見守る紅組の面々。

1607942115210.jpg

密をさけて、白組は和室で自主練

1607942092704.jpg

1607942102349.jpg

「神様!仏様!サンタさん!!
どうか無事に「すずしろ」がクリスマス公演を終えることができますように
お守りくださ〜〜い!」

posted by すずしろ at 09:40| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

あと1週間で本番!

昨日は白組の集中稽古でした。

音響担当の団員も必死に合わせます。

1607732991569.jpg

ライブ配信も前回より上手くいくのでしょうか?


操先生の指導も動画を通じて観ていただくためのダメ出しになっているのかな?

よりリアルで細かい指導です。

1607732984136.jpg

前回のダメ出しがかなり改善されたお芝居が出来ている人もいるし、

行きつ戻りつ?!(-_-;)・・のひともいたり・・(-_-;)

しか〜し!

ここまでくれば、チームとしてまとまることが一番大事と思います。

引っ張る人もついていく人も、相手のセリフをよく聴いて、それに乗っかってテンポや

リズムをチームとして作っていることを意識しながら気を抜かずに最後まで走りましょう。

ライブなのでお客様はそこにはいないのに、

いつもの公演のようにプログラムまで作ってくれた総務、亀ちゃんありがとう!

TRIPART_0001_BURST20201212092741690_COVER.JPG

コロナ禍の中、無事に公演を果たし、「すずしろ」お得意のシニアの底力を発揮しましょうね!

来週月曜日が最後の稽古です!

エイエイオー!!!(笑)




posted by すずしろ at 10:08| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

あと2回の稽古にかけて!

稽古場もクリスマスモードですが・・(あっ!ひっそりと勉強熱心な白組のメンバーが(笑))

1607348558591.jpg

昨日は紅組の特別稽古、衣装小道具も本番のもので、

操先生の細かい指導、「この場面が意図するもの」「その役柄のその場の心理状態」

を考えたら「動き方」「喋り方」はそうなりませんか?

適格で分かりやすく細かくダメ出しを受けながらの緊張の稽古でした(-_-;)

1607380723493.jpg

みっちゃんが撮ってくれた動画が、団員には配信されていると思うけど、

客観的に自分を見るのに凄くいい勉強になりますね。

まだまだ「自分はそうしてるつもり」と主張するひとが多いので、

あぶら汗を流しながら何度も見て、操先生のダメ出しと合わせて、あと1回の稽古までには努力して改善してきましょう。

1607348532043.jpg

ライブ配信に備えて機材の扱いに慣れるの余念のないみなさん!

1607348526575.jpg

さぁ! この宿題をクリアする個々の努力とチームワークで恥ずかしくないお芝居を観ていただけるように

がんばるぞー!!

金曜日は白組の集中稽古です!




posted by すずしろ at 14:16| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

クリスマス公演の危機?!

クリスマス配信公演まで残された稽古はたったの3回しかありません(-_-;)

大阪も陽性者数はうなぎのぼりでついに吉村さんの「15日までの不要不急の外出自粛要請」が

そして通天閣も赤色に染まりました。

そんな中、「すずしろ」ではクリスマス配信公演をどうするか、みんなでミーティングをしました。

問題が起きたら、すずしろはとにかく課題を議論して結論を全員でだします。


1607074736000.jpg

そして、全員で予定どおり、18日にライブ配信で本番をやることが決まりました!


1607074819958.jpg

配信の準備もあるし、今回は音響も団員がやるので、自分の出ていないチームの裏方を担当します。


1607074700588.jpg

みんなと合わせる稽古時間が十分とれないので、強引に通しをしましたが、当然?間延びした芝居でした(-_-;)

1607074777229.jpg


まだ、自分のやること、やろうと思っていることで精いっぱいで、お互いのすり合わせをする時間もありません(-_-;)

1607074856932.jpg


ここまでいけば、テンポをあげてセリフが立つ芝居にしていくのは役者の責任と思います。

1607074877180.jpg

稽古場では少しでも時間をみつけて、相手とスピードスルーやすり合わせを絶対にしようという気持ちで臨んでほしいです。

1607075034974.jpg

だから、小道具もすべて本番どおりにしましょうね。

逃げた小鳥がまだ入っている鳥かごを持って芝居をするのはすごく違和感あります。

1607074749797.jpg

たかが、小鳥、されど、小鳥、今回のお芝居では重要なアイテムなのに、

それぐらいの手間は惜しまずに本番どおりに小鳥がいない空っぽの籠でお芝居をする気概を持ってほしい!!

「本番ではやりますから」ではなくて、本番どおりにしましょう。

操先生の昨日のダメ出しで言われた、「その役の、そのひととして、その場にいれるかどうか」の気持ちで

芝居ができるためには、あと1回の本番どおりの小道具や衣装(何度も着替える役のひとは特に)のひとは特に。

7日(月)は紅組だけの集中稽古です。このブログを読んだ紅組のひとは衣装を持ってこれるひとは衣装もつけてやりませんか?

後悔のない本番を終えることが出来るように、気持ちを合わせてワンチームでがんばろう!

こんな事態のなか、それでも「前に進むこと」を選んだすずしろは、個々の感染予防をさらに注意を払って、

コロナ禍の困難の中でも公演実現を選んだ「すずしろ」が、ライブ配信を発表する意味と意義を再確認しながら

共に頑張りましょうね!

仲間がいて良かったと感じています♬













posted by すずしろ at 10:41| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

すずしろ稽古報告

2回目の衣装合わせで操先生のOKがほとんど出ました(-_-;)

こんな感じで本番登場いたします(-_-;)ので、お楽しみに〜と言いたいところですが(-_-;)(-_-;)


1606472683944.jpg

1606472688842.jpg

右肩上がりの日々、陽性者数の増加に、リスクが近づいてきているのではとひやひやです(-_-;)

9月の無観客公演の本番近くのときと同じ心境ですが、

すずしろ活動なんて「不要不急」のくくり?! 

すずしろ公演がなくても「だれも困らない」?!

なのに、どうして私たちは活動を続けているのでしょうか?!

そこには哲学に類した、生きる意味を、「すずしろ」は模索しているのだと思います?!

フライヤーの反響は大きく、期待して待っていてくださる方も沢山いらっしゃいます。

何よりの励みになります。

お送りしたフライヤーを上手くレイアウトして手を加えて、また友人知人に回していただいたりして、

不安もありますが、応援を感じながら、本番まで走りたいと思います!

1606109874706.jpg

「老兵は死なず ただ消え去らないのみ」?!(-_-;)


posted by すずしろ at 14:02| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

シニア演劇ネットワークの取材受けました!

東京のシニア劇団「かんじゅく座」の主宰鯨エマさんが主なって全国のシニア劇団の有志達で

出来ている組織ですが、新聞で発行されていたのを、今回からメルマガとして会員たちに届けられます。

その第1号の特集記事のインタビューをZOOMで受けました。

コロナ禍でも安全で東京からでも顔を合わせながらの取材で、便利ですね♬

こうやって・・必要に応じて社会を取り巻く環境や暮らし方も変わっていくのですね。

感慨深いことです。

記事は下に貼り付けますが、シニア演劇ネットワークのホームページも、興味があれば覗いてみてください。

シニア演劇ネットワーク ホームページ
http://s-engeki.net/



シニア演劇ネットワーク通信
◆◆◆━━━━毎月1日・16日発行
第10号 2020.11.16.

こんにちは。シニア演劇ネットワークです。いかがお過ごしですか?
開封確認のご協力、ありがとうございました。

さぁ今回も、お顔と舌の運動、早口言葉から♪
毎日練習して舌と唇の動きを滑らかにしましょう。

★「大皿の上におおよもぎ餅 小皿の上にこよもぎ餅」× 3回
★「摘出手術中普通シチュー食う?」× 3回
★「あぶりカルビ」× 10回

おなかが空いてきますね。ぜひチャレンジしてみてください!


━━目 次━━━━━━━━━
1.全国シニア劇団探訪/劇団「すずしろ」(箕面市)インタビュー
2.シニアの花道同伴日記
3.公演情報
4.次号予告
5.編集後記
━━━━━━━━━━━━━━

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1◆ 全国シニア劇団探訪/劇団「すずしろ」(箕面市)インタビュー
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━
大阪・箕面市で活動する劇団「すずしろ」代表の秋田啓子さんにお話を伺いま
した。インタビューをお願いすると、「私は77歳、夫は79歳。この半年入退院
を繰り返す夫の老々介護の日々(-_-;)(笑)。そんな中、ますます「すずしろ
活動」は私のエネルギー源となっております(笑)」との返信が。短い文章の
中に、絵文字と「笑」の文字がふたつも!
ホームページ( http://suzushiro-minoh.com/ )のお写真からも明るいお人柄が
伝わってきます。

Q:とても充実したホームページですね。
A:ホームページは2018年に2回目のニューヨーク公演を企画したときに、い
ろいろ知っていただく場所がいるなぁということで立ち上げました。団員の娘
さんがそういった会社に勤めていらして作っていただけたんです。内容やコメ
ントは公演ごとに更新していくペースで、私が中心になって書いたり劇団員に
書いてもらったりして更新をお願いしています。ホームページからリンクして
いるブログ『劇団「すずしろ」日記』は、1回目のニューヨーク公演がきっか
けで毎週私が書いてもう10年になります。ホームページもブログも、最初はま
わりにやれやれと勧められてイヤイヤ始めたんですけど(笑)、やりだすとき
っちりしていないとイヤなので続けています。今では日誌みたいになっていて
いいかなぁ、と。

Q:秋田さんは2004年の劇団の立ち上げメンバーでいらっしゃいますね。
A:それまでは児童劇団で子どもたちとお芝居をしていたのですが、58歳の時
に更年期の症状が一気にきて自分の老いを感じたんです。その時から「60歳以
上の劇団を作りたい」という想いがふつふつと沸いてきて、同じ思いを持った
人はいっぱいいるだろうなと思っていたんだけど、どうやって探していいかわ
からない。当時箕面市の市民講座に市民が企画を持ち込んでよいという窓口が
あって、私個人の思いで企画書をつくって持っていったらたまたま選ばれて。
「60歳からの演劇入門」ということでワークショップの参加者を募集したら、
定員20名のところに3倍くらいの応募があったんです。お芝居はやりたいけれ
ど若い人とやるのは億劫だし、60歳以上の人しかいないというのが安心だった
ようです。ワークショップを経て劇団を立ち上げるということは企画の時から
決めていたので、20名の参加者に「劇団を作ろうと思うのだけれど参加しませ
んか」と最終回のワークショップでお声がけさせていただいたら、16名の方が
「やります!」と集まって、そこから団費を決めたり、稽古日をどうしようと
か先生を呼んでくるのはどうしようとか、みんなで考えながら作っていきまし
た。劇団のホームページにも「すべての企画運営は団員の総意で決定します」
と書いているのですが、それは当初からの意志でありそういう劇団を作りたか
ったんです。今でも年1回総会をして、持ち回りで総務とか経理とかとか書記
とか役割を決めて運営をします。私はたまたま便宜上代表になっていますが、
なんの特権もなく(笑)、皆で決めて皆で運営しています。だからセリフを言
いたかっただけの人は、こんなつもりじゃなかったと辞めていきます。
「劇団すずしろ」の特徴としては、中学・高校の部活みたいに、顧問がいてキ
ャプテンがいて部員がいて・・・顧問が、指導をしてくださっている倉田操(みさ
お)先生、部長が私で、部員である劇団員みんなで決めて運営している。劇団
員もお稽古ごとをしているという感覚よりは、自分で劇団を運営しているとい
う自覚が強いと思います。面倒くさいこともありますがそこに喜びを見出す人
が残っていて、ふたたびの青春といった感じで本当の生きがいになっていると
思います。

Q:劇団員は現在何名で活動していらっしゃいますか?
27名、その内4名が休団中で、23名で活動しています。指導者の操先生がひと
りひとりのコミュニケーションをすごく大切にされる方で、25名を上限にして
います。そうはいっても、入団したいと言われると嬉しくなってついつい「ど
うぞ」と言ってしまい31人まで増えてしまったときもあるのですが。私たちと
しては、劇団を大きくするつもりもないですし、ひと部屋でいちどにコミュニ
ケーションをとりながらお稽古できる人数が、25人。休団中の4名は全員病気
が理由です。日本人の2〜3人にひとりは癌になるといわれますが、本当にみん
なよくこれだけ癌になれるなぁというくらい、その比率で癌になります。中に
は活動を辞める方もいますし、モチベーションになるからと4名は戻ることを
前提に休団して現在闘病中です。

Q:ホームページで、緊急事態宣言期間以外は変わらずお稽古をしていらっし
ゃったと拝見してすごいなと思っていたのですが、コロナを理由に活動自粛を
される方がひとりもいらっしゃらないんですね!
A:もちろん消毒・換気・マスクという基本的なことや、コロナ追跡機能のア
プリを読み込んだりといった対策はしています。当初コロナは過ぎ去るものだ
と思っていましたが、専門の方のお話を伺うと、だんだんこれは共生していか
なくてはならないものだとわかってきて。だったらリスクはゼロじゃないけれ
ど、すごく気を付けながら、やりたいことはやったほうが健全な暮らし方、生
き方なんじゃないかと。欠席者もほとんどなかったですよ。

Q:家族に反対される方とかいらっしゃらなかったのでしょうか?
A:もちろんあります。9月に無観客公演をしたときなどは公演が近づいてくる
と週2〜3回に稽古が増えて来るので、「おかあさん、いい加減にしときよ」と
(笑)。私らにしたら欠かせないライフワークなんですけど、家族から見たら
「せんでもええことして」と反対されるんです。ただ、劇団の一員になったら
自分がいないと公演を乗り越えていけないという自覚があるから、家族の機嫌
をとりつつ頑張って説得しています。明確にやりたいことが決まっているので、
やるべきことを判断しやすいんじゃないかと思います。自分にとってなにがど
れだけ大切かということがわかっていれば、たとえ家族の反対を受けたとして
も説得することをするし、自分が判断したことだったら後悔しない。そんな思
い=「すずしろイズム」が、劇団で活動している中に生まれてくるんだと思い
ます。

Q:すずしろさんの活動継続の秘訣を、メルマガをお読みの皆さんにお伝えし
たいと思います。今後の予定などありましたら教えてください。
A:12月にはクリスマス公演を配信で行います。40分くらいの短い作品をダブ
ルキャストで。シニア劇団の必須条件としていつもダブルキャストにしていま
す。自分の体調もそうですが、夫の病気を理由に、皆に迷惑をかけたくないか
らと最初から辞退するよりは、様々な事情を抱えながらもギリギリまで頑張れ
るサポート体制としてのダブルキャストです。実際のところ本番直前になにか
起こるということはなく、いつも案外乗り越えられて無事に終わっています。

ZOOMでのインタビューでしたが、とにかく声に、ことばに「力がある」秋田さ
ん、お話を伺っているうちに私もだんだん元気が出てきました。
ご協力ありがとうございました。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2◆ シニアの花道同伴日記
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━
「劇団員はお客様?」
(シニア演劇ネットワーク理事長 鯨エマ)

ところかわればシニア劇団もかわる・・・・ということで、すずしろさんとは
志は同じでも運営体制がかなり違う、かんじゅく座の話です。
私が稽古場でよく使ってしまう言葉のひとつに「ここはカルチャーセンターじ
ゃない、劇団なんです」があります。月謝を貰っているのだから、習い事感覚
で言えば「お客様」かもしれません。でも、うちは違うと思っています。改め
てそのことを考え直す機会がありました。
今年4月。緊急事態宣言で舞台関係の仕事が尽くぶっ飛んだ私は、生活のため
にヘルパーの資格を振りかざし、近所のデイサービスにバイトの面接に行きま
した。引く手数多の業界です。人手が余っていることはまずないので、資格が
あって時間さえ合えば雇ってもらえるという良くも悪くも敷居の低い仕事です。
施設長がパンフレット片手に概要を説明をしてくださったとき、「とにかく接
客業ですから」と仰ったのです。「接客業なんですか?」と思わず聞くと、彼
は少し考えて、「そうですね、うちは接客です。サービス業です。ですから、
お客様が満足して帰っていただければいいんです」

なーるーほーどー!

ここで私のヘルパー経歴を日本の福祉事情とともに説明します。私が障がい者
のヘルパーとして働き始めたのは、今から20年前。障害者自立支援法ができて
まもなく、実家や施設で生活していた障がい者たちが、自由に住みたい街で生
活するためにヘルパー派遣を利用できるようになった、そんな頃でした。ヘル
パーの資格もいらなかったので、バイトで介助の仕事を選ぶ学生も多かったの
です。私が初めて仕事をさせてもらったのは埼玉県で、施設を飛び出してきた
ウェルドニッヒホフマン病(症)の女性2人が自分たちで立ち上げた事業所で
した。私も当時は、資格も経験もなかったのですが、仕事は全て代表である障
害当事者から習いました。そこでは介助の知識、技術は求められませんでした。
例えば料理、掃除が下手くそでもOK。指示する障がい者自身(利用者)が料
理のレシピや掃除の仕方を調べて頼むことが必要でした。その5年後に、自宅
から自転車で通える新宿区の事業所で、グループホーム勤務を経験しましたが、
ここでもヘルパーとしての仕事はほぼ同じで、自立の準備という名目のホーム
であることもありましたが、利用者さんたちはいつも「ここはホテルじゃない
んです、自分で指示してください」と教育されていました。買い物をしたい時
は「買い物してきて」ではなく、一緒に買い物に行くのです。ヘルパーは、理
不尽な要求を断ることもあったし、影武者的でありながら対等な存在でもあっ
たわけです。そういう土壌で20年アルバイトしてきた私が、今回初めて高齢者
のデイサービスの門戸を叩いたら、勝手がまるで違うのです。利用者はお客様。
ヘルパーは家事ができて当たり前。利用者である高齢者をいい気持ちにしてお
返ししなければ、デイサービスとしてはまずいんですね。当然のことのようで
すが、これはかなり感覚が違うことでした。ここで働いたら、私に足りないこ
とが学べるかも、と思いましたが、面接の最後になって時給が提示されると、
ほぼ最低賃金でした。ヘルパー制度は人手不足と賃金の安さを解消するために、
現在は資格取得が条件になっているのですが、資格を持っていても最賃と聞き、
結局ここで働くことは断念しました。施設長の言った「接客業」「サービス
業」という言葉がとても印象に残りました。

かんじゅく座には、かつて5〜6人のメンバーで構成される朗読チームがあった
のですが、積極的に取り組む人がいなくなってしまいクローズしました。読み
たいものを持ってきて欲しいというと、「何か用意してください」という具合
で、完全に受け身になってしまいました。あのときは、デイサービス化してい
たというか、お客様になっていたというか、とにかく主体性のないチームにな
ってしまっていました。
探る時期もあるでしょう。なにか夢中になれるものを見つけたい、という時も
あります。でも何度か舞台を踏んだ経験をした方から、やりたいものがない、
と言われた時、どう誘導していいやら、劇団の主宰者としては継続してゆく難
しさを感じました。あのとき、売り上げのため、団体維持のために続けるべき
か迷いましたが、ここで創作意欲のない状態を助長してはいけないかなと、チ
ーム解体を決意したのでした。結果、3名は退団、3名はかんじゅく座の演劇チ
ームに移籍して現在も活動を続けています。

カルチャーセンターには、カルチャーセンターの良さがあります。何より気軽
さ、時間内できちんと終わる、発表会があっても全ての受講者に平等に機会が
与えられるでしょうし、お金さえ払えば誰でもきちんと受け入れてくれます。
それに対して劇団は、配役の段階で不公平を感じる人もいるでしょうし、公演
が近づけば容赦なく延長稽古、苦しい思いをすることが多いかもしれません。
「産みの苦しみ」なのに、「お金払ってるのに、何でこんなに苦しいの」と思
ってしまったら最後。そもそも完成、完璧などあるのかないのかもわからない、
つかみどころのない活動です。

ならば、カルチャーではなく劇団を選んだ人は、何をモチベーションに続ける
ことができるのでしょう。その答えは、私の個人的な答えですが、「お客さん
を入れた劇場で舞台に立ったものだけがわかる」のです。本番まで続けること
ができずに辞めてしまう人には、わからないのです。

シニア劇団の運営は接客業ではなく、共同創作業だと思っています。客席に様
々な立場の人が来ることを想定しながら、様々なアイディアを寄せ合って、面
白いものを創るところです。受け身でいれば、ひとつの作品が終わった時にや
ることがなくなります。でも、主体的に創作していれば、何度同じ役で舞台を
踏んでも発見があるし、やり残しが必ずあります。また次を目指そうという気
にもなるでしょう。
コロナでお客様の前に立てる時間も限られてしまいました。ましてやリモート
では、劇場で共に創る充実感は今ひとつでしょう。だからこそ、貴重な創作時
間は、主体的に取り組みたい。そして、そういう意欲を起こさせる台本を書い
てゆきたいと、改めて思う今日この頃です。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3◆ 公演情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━
★劇団「すずしろ」(大阪・箕面市)
クリスマス公演「扉をあけて」
12月18日(金)13時/15時
上演時間約40分のオリジナル作品をライブ配信で予定してます。
最新情報は、ブログ「すずしろ通信」で随時報告します。
http://suzushirodaikon.seesaa.net/

★劇団かぶつ(八丈島)
 12月学校公演、3月6日(土)おじゃれホール公演
 張り切って練習しています!(by演出・清水増子さん)

★半熟座とかんじゅく座ジョイント公演 アーカイブ配信視聴できます!
半熟座「ススメ 我らが半熟一座」構成・指導:小林真梨恵&関森絵美
https://www.youtube.com/watch?v=yNMq4TidTEQ&feature=youtu.be
かんじゅく座「ねこら!2020」作・演出:鯨エマ 
https://www.youtube.com/watch?v=-ivckEYwwew&feature=youtu.be

※公演は終了しました


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4◆ 次号予告 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━
おかげさまで、機関紙からメルマガになって10号となりました。次号の発行は
12月1日、いよいよ師走です。

★お仲間をご紹介ください★
まだメルマガ登録していない劇団のお仲間やファンの方に、このメルマガを
ご紹介ください。info@s-engeki.net にメールで新規購読希望のご連絡をいた
だければ、折り返し登録方法をご案内いたします。

posted by すずしろ at 19:21| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

すずしろ稽古報告

芝居、衣装、小道具類、配信機材等同時進行で本格的な稽古となってきました。

しか〜し、

芝居に関してはそれぞれの仕上がりにバラつきがあり、動画配信で観てもらうためには

映画のような気持ちは強く籠っているけど繊細な演技が求められるのではと思います。

1605262305895.jpg

そういうことに慣れてないすずしろは動画を通して、どこまでこちらの熱や思いを伝えられるか不安です。

1605262297508.jpg

まだまだ立ち位置やきっかけをしっかり作っていく時期ですが、そのためには台本持ってるひと〜〜〜!

まずそれを離してくださ〜〜い! 相手のセリフや動きを受け入れて反応するためには、まずセリフが完璧に

入ることです。セリフを覚えたかどうかは稽古場で言えて初めて覚えたことになります。

1605262260310.jpg

セリフを覚えて次の段階にいけるひとや、演技プランを考えてきたひとには、操先生はきっちりと細かくそれがなぜだめなのかを

指導してもらえます。

演者として成長したいひとは、人一倍の努力があってこそですよね。

操先生は凸凹を調整して上手く円にするのがご自分の役目と考えていると思います。

1605262355232.jpg

でもあまりになにもしてこなかったひとには、怒りもしない代わりにほっとくことができるのも操先生です。

操先生に何も言われなくて良かったと思っているあなた・・(-_-;) 自覚あります?!(-_-;)(笑)

動画配信を観た方から「いいものみたわ」と言って貰えるように、

みんな! 頑張ろうぜ!!







posted by すずしろ at 11:17| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

衣装合わせ

昨日はクリスマス公演「扉をあけて」の衣装合わせでした。

操先生はお休みでしたが、みんなわんさか大荷物で持ってきたので、

写真と動画を操先生に送りました(-_-;)

紅組、息子、母、嫁

1604733768639.jpg

白組同じく

1604733754892.jpg

白組

1604733737786.jpg

紅組、職員・・うん、見える見える!

1604733876229.jpg

小鳥です?!・・(-_-;)

1604734026310.jpg

ええ病院ですね?! 弾き語りもできる職員がいます♬

1604733785436.jpg

一度で決まったことがない衣装合わせ(-_-;)・・まだまだかな?!

私の赤いスリッパはやっぱりNGやろな?!(-_-;)

先生からの返事はまだありません(-_-;)(-_-;)

posted by すずしろ at 17:07| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする